部分入れ歯とセラミック治療

October 29, 2018

 

PFM #18&19 and RPD metal frame for mandible try in

 

左下奥歯は咬む面にゴールドメタル。見える外側にはセラミックを使用し、部分入れ歯を作成しました。

 

入れ歯は自由診療で、チタンというしっかりした強度のものを使用しています。

 

一般的な使用されているコバルトクロムという金属より軽いのが特徴。

 

前歯にバネをかけているので、前から少し見えてしまいますが、修理はしやすい設計になっています。

 

メタルフレームの適合に問題なかったので、次回は人工歯を排列していきます。

左下にあるセラミックのクラウンは、最高品質の白金加金に陶材を焼き付けています。

 

補綴専門医は噛み合わせに精通した審美歯科、インプラント、入れ歯のスペシャリストです。

 

治療相談はDM📩で、歯科医からの相談も受け付けております。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

June 28, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square