母校で実習のお手伝い。

October 1, 2018

 

台風一過の東京。

 

今日は母校でベンチラボ。保存修復の実習のお手伝い。生まれて初めてタービンを持つ、歯を削るという大学3年生のお手伝い。


まずはチェアに座る姿勢から指導。その後はタービンの持ち方、固定の位置、ミラーテクニックによる形成の仕方。基本からみっちり。


鉄は熱いうちに打て、という諺どおり、何を教えても貪欲に吸収しようと皆熱心です。


来年は学生さん向けの講義も引き受けようかと。マイクロスコープやオーラルスキャナー、デザイン、ミリングマシンなどのデジタルはもちろん、顎機能、顎位、噛み合わせ、やろうと思えばどこまでも奥が深い歯科治療。

 

なるのも国家試験は難しい、なってからも大変で、昨今何もいい話を聞かない歯科の世界ですが、楽しくやり甲斐を持って仕事をしている歯科医もいるんだと、希望を持てるような話をしたいものです。 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

June 28, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square