インプラントの脱離 米国補綴専門医が語る一般歯科の知らない世界

July 11, 2019

下顎の左右奥歯にインプラントがされていたケース。

5年ほどで左下のインプラントが脱離してしまったそうです。この左下の窪んでいるあたりがその部位です。

開院30年のクリニックを引き継ぎましたから、こうしたインプラントが脱離して、次をどうするかというケースが本当に多い。

 

入れ歯も適切なステップを踏めば充分機能します。

今日は内冠の試適と噛み合わせの確認を行いました。 

 

入れ歯は良くなくて、インプラントが一番いいという意見がありますが、本当にそうでしょうか?

 

大掛かりなケースこそ、最後は入れ歯ではないですか?入れ歯でも皆さん、非常に喜んで帰られます。

 

入れ歯、インプラント、クラウンブリッジ、まだ若い先生は、すべて出来るようになることを目標に、研鑽を積むことをオススメします。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

June 28, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square