第5回SEED アドバンスコース2日目

August 29, 2017

2日目の日曜日は、文献の抄読とレクチャーがメインでした。

 

アドバンスコースは、レクチャー、論文や指定テキストの抄読会、ケースプレゼンテーションが主な内容。

セミナーは年間コースの土日計10回、合計20回しかありませんが、発表の準備にかなりの時間を要します。むしろそうして活字を読む時間、内容をまとめる時間こそが、理解を深め知識のインプットを容易にしてくれます。

具体的な内容は

臼歯部咬合支持の回復

インプラントと周囲粘膜付着

VR矯正

総義歯の咬合採得

ケースプレゼンテーション

デジタルデンティストリーの現在
ナソロジーと咬合論の変遷

といったところです。

 

今回は富山開催ということで、金沢の先生方が二人聴講生として特別参加してくれました。

 

色んな総合コースに行ったけど、結局、自身の臨床に結びつかない、受講生が大人数、臨床経験にも幅があるので、質問がしづらかった。このSEEDは少人数なので、受講生と講師の距離が近く質問もしやすかったとのこと。

 

確かにお二人とも、まだ20代の若さですが、勉強熱心でやる気に満ち溢れていて理解も早い。

 

個人的には日本もアメリカも、上位層はやる気能力ともさほど変わらないと感じています。

 

ただし、卒後研修のバラエティ、受け皿の広さ深さ、人材の厚みはアメリカに大きく劣ると言わざるを得ない。

 

井の中の蛙大海を知らず、というより、住んでいる井の中そのものが小さく、天井が低いのです。だから能力、やる気、親が開業している、経済的なサポートが整っているなど環境が整っている場合でも、学ぶ機会が限られてしまうのです。

 

おそらく一番足りないのは、現場で実践経験を積みながら、スキルアップする機会です。自分のやっている臨床が正しいかどうか、わからない。

 

何が正しくて、何をどうすればいいのか、その場でフィードバックを受けながら、働くのが一番効率的です。

 

現在代診ドクターが7名と、すでに大所帯になってしまいましたが、今後もセミナー開催、勤務医の受け入れなど、少しでも若いドクターの受け皿になりたいと思っています。

 

ところで、来年は15〜20名程度の、実習を含んだゼミナール形式の年間コース、ベーシックセミナーの開催を予定しています。

 

開催場所は東京がメイン、日程は現在調整中ですが、年間土日6週(計12回)、エンドと補綴一日ずつになるでしょう。

 

決まり次第、お知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

June 28, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square