噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

専門医が精密な被せもの、例えばオールセラミックスクラウンや入れ歯を作成する際、顎運動計測器を必ず使用します。

顎の運動経路を測定し、そのデータを咬合器にセットすることで、精密な補綴物の作成が初めて可能になります。

これはマニアックな歯科医だけが使う、趣味の領域にあるものではありません。

TS歯科クリニック青山ではアルクスディグマというドイツ製の顎運動測定器を使用しています。この計測器の優れているのは、仮歯で決めたかみ合わせの位置を正確に咬合器に記録出来ることです。

この装置の特徴をさらに具体的に表現するなら、

デジタル咬合器付着補助装置

デジタル咬合採得補助装置

デジタル顎機能計測器

となります。

歯の形態、噛み合わせ、側方運動経路に合わせて咬合器に付着でき、仮歯はもちろん、術者が患者さんに手伝ってもらいながら、自分の採得したい位置で噛み合わせの型を採り、それを咬合器に正確にトランスファーすることができます。

上のグラフは、噛み合わせ治療用のスプリントを入れた状態と入れてない状態とを比較しています。上がセットした状態、下のグラフがない状態です。スプリントをセットした方が、顎の動きがスムーズであることが一目で判ります。

そもそもアナログ的な歯科治療のレベルで、適切なステップを一つ一つ理解し、技工作業を実践していなければ、このデジタル機器の素晴らしさは理解できません。

ですから、この装置は非常に画期的なデジタル機器である、と自信を持って言い切れますが、一般歯科医にとっては敷居が高いのも事実でしょう。

計測一つ一つの作業に手間はかかりますが、自由診療はもちろん、大がかりな歯科治療を行うには必須であると考えています。

顎運動計測器は保険診療でも保険請求が認められているのがその証拠です。そういう意味では、自由診療や保険診療といった捉え方ではなく、診査診断には必要不可欠なデジタル機材と言えるでしょう。

一見とっつきにくいこのアルクスディグマ2。理屈さえわかってしまえば、誰でも使いこなせるようになります。

私のクリニックの代診のドクターはまだ5年目、20代ですが操作に早々に慣れて、ラクラク使いこなしていくに違いありません。

私の主催する勉強会でも、保険診療の範囲内でも使いこなせるよう、実際の適用や使い方など積極的に紹介していく予定です。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • w-facebook
  • White Google+ Icon

シード歯科・矯正歯科

東京院
〒104-0028

​東京都中央区八重洲2-4-6 八重洲鈴木ビル1F
TEL:03-6265-1732

診療時間

月火木金 8:00-13:00、 14:00-17:30

土曜 9:00-13:00、 14:00~ 17:00
水・日曜祝日 休診


富山院
〒933-0871
富山県高岡市駅南5-1-1

TEL:0766-22-1116

診療時間

月火木金 9:00-13:30、 14:30-18:00

土曜 9:00-13:00、、14:00-16:00
金・日曜休診


​お問い合わせ、ご予約はメールかお電話で。

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

当院はご予約制です。お手数ですがご来院の前にメールかお電話にてご予約ください。各種健康保険取り扱いしています。

© 2023 Medical Clinic. Proudly created with Wix.com