世界最大のデンタルショー、IDS2017開催される

March 22, 2017

 

今日から、2年に一度の世界最大のデンタルショー、ISDがドイツのケルンで開催されています。東京スペシャライズドデンタルクリニックで導入を予定している光学スキャナー、トリオスも新機種の発表があり、大変な注目を浴びているようです。

 

新しく発売されるTrios4はワイヤレス、スキャンの読み取りスピードも格段とアップしているそうです。ただ取引先の業者の話によると、クリニックのWifiやネット環境によってはスピードが上がらない可能性もあるので、一度試してからクライアントに紹介したいとのこと。

 

それにしても、世界のデジタル化の流れ、進化の早いこと。日本は2年前に発売された現行モデルのTrios3でさえ、まだ普及しておりません。

 

日本の健康保険、国民皆保険制度は確かに素晴らしいですが、このように「最新の医療、ハイテクノロジーの導入」という意味では、足かせになってしまうのかもしれません。

 

ニューヨークの友人達や歯科技工所のスタッフらとやりとりしていると、そう実感します。日本の歯科医師の能力が劣っているというより、情報への到達速度が圧倒的に不足している。保険診療中心に行っている限りは、応急処置が主な目的。実際保険診療の点数でカバーされているのは、良くも悪くもその範囲です。

 

ですから、保険診療の範囲を超えた歯科医療を提供するなら、自由診療に特化せざるを得ません。東京スペシャライズドデンタルクリニック 青山CAD/CAM Digital Dentistryが自由診療のみのプライベートクリニックとなった理由がここにあります。いや、ならざるを得なかったという方が正確かもしれません。

 

それにしても、日本の歯科医療のデジタル化が進むのは一体いつになることやら。。


 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

噛み合わせを科学する〜ブログ 米国補綴専門医が語る一般歯科医の知らない世界〜

June 28, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square