審美歯科、補綴治療とは、どのような治療ですか?
虫歯や歯周病が悪化した、ぶつけてしまったなど、何かしらの理由で歯の一部、あるいは全部が失われてしまったときに、詰め物やかぶせ物、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどで補って治療をするのが補綴治療です。日本の歯科治療では、インプラントや入れ歯のそれぞれだけを専門として治療をしているケースが多いですが、補綴を専門とする歯科医師は、それらのどれか一つの方法によって失ってしまった場所をただ補うのではなく、患者さんの状態や希望によって選択、あるいは組み合わせながら、噛み合わせも治療して回復することで、機能的にも審美的にも長持ちする、その方にとって最適な治療を提供します。

審美歯科・補綴を専門とする歯科医師にまず相談するメリットは何ですか?
補綴治療の本質は、上下の顎の位置関係とそれに基づく噛み合わせにあります。正しい噛み合わせを回復することを第一に考え、見た目の美しさ、発音のしやすさ、耐久性、患者さんの希望に応じて、インプラントや入れ歯、ブリッジなどのすべての選択肢の中から、最もふさわしい治療方法を提供できるのが最大のメリットです。診療では、まず問診で現状に至った原因を分析し状態を把握。それから顎の機能を詳細に診査・診断しワックスアップと呼ばれる模型を作成しながら現状を分析ししっかりとした治療計画を立てます。その後、仮歯などで噛み合わせを調整し、すべてが大丈夫だと確認してから、インプラントや入れ歯などの最終的な治療に進みます。

こちらのクリニックで治療を受けるメリットは何ですか?
当院は、ニューヨーク大学歯科病院の診療システムに準拠しています。そして、より正確な顎の動きを計測するためのデジタル顎機能測定器や光学口腔内スキャナー、3DCTなどを導入。こうした先進の検査機器でデータをデジタル化して、専用のソフトを駆使することで、的確で精密な治療計画を立て、治療を行うことができます。しかし、これらの機器はツールでしかありません。一番大切なのは、それらを使いこなすだけの専門的な知識や経験があることです。当院では、ニューヨーク大学歯学部補綴科大学院を修了し補綴を専門と歯科医師をはじめとして、各方面の専門家がチームとなって治療にあたっています。

IMG_8149.JPG