精密根管治療・マイクロエンド

根管治療とは、歯の内部に細菌が侵入することで熱いものがしみる、ずきずき痛い、咬むと痛い、化膿する、歯ぐきが腫れる、脈をうつように痛いなどの症状が起こった時に行う処置です。むし歯で痛くなった歯の神経をとったり、かぶせものをする前に根の中をきれいにする治療のことです。この治療は綺麗なかぶせものの寿命に関わる重要な処置であり、高度な技術を元にした精密な処置が求められます。

マイクロスコープ使用

マイクロスコープとは、口腔内を高倍率で拡大することができる歯科用顕微鏡のことです。
当院では、そのマイクロスコープを使用した治療を行っております。

マイクロスコープでの治療により、より精密で正しい診断・治療が可能です。

​歯科用CT装置

通常のレントゲン写真は三次元の構造物を二次元のフィルムに投影して診査しておりました。
しかし、二次元のレントゲン写真では確認できない部分があります。
そのような場所を処置する際に歯科用CT装置は大きなメリットとなります。

今までより確実な処置が可能となるのです。本院では必要に応じてCT撮影を行います。
気になる方はご相談下さい。

ラバーダム防湿

根管治療は細菌との戦いです。
そのためにはお口の中の細菌が根の中に入り込むのを防ぐ必要があります。
患者さんに協力していただき、歯にゴムのカバーをつけて治療することにより安全確実な処置が可能となります。精密根管治療においては必ず使用させていただいております。

ニッケルチタンファイル

従来のステンレスファイルと比較し、しなやかな柔軟性を持つニッケルチタンファイルを導入しています。

根の治療でなかなか治らない症例の中には、歯の中に穴が開いている場合があります。以前はなかなか治りませんでしたが、現在、症例によっては治すことができるものもあります。その際に使用するのがMTA(Mineral Trioxide Aggregate)です。必要に応じて使用する場合もあります。

当院では、マイクロスコープ・歯科用CT装置・ラバーダムを用いて専門的に根管治療を行っております。ご自身の歯で長く食事ができるように、きれいなかぶせものが長く持つように、私たちが協力させていただきます。

治療例

ケース1

​40代 男性 主訴:右上の奥歯が咬むと痛い

治療前

治療後

診断:奥から2番目の大臼歯とその手前の小臼歯の根尖性歯周炎

治療:感染根管の再治療

治療回数:2回

  • w-facebook
  • White Google+ Icon

雅デンタルクリニック

​予防歯科と最先端のチーム医療を追求する


〒104-0028

​東京都中央区八重洲2-4-6 八重洲鈴木ビル1F


​お問い合わせ、ご予約は電話で。

​TEL:03-6265-1732

診療時間

月火木金 8:00-13:00、 14:00-17:30

土曜 9:00-13:00
水・日曜祝日・第2・4土曜日休診

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

当院はご予約制です。お手数ですがご来院の前にお電話にてご予約ください。各種健康保険取り扱いしています。

© 2023 Medical Clinic. Proudly created with Wix.com