What is Prosthodontist?

補綴専門医とは?

米国補綴専門医とは
What is Prosthodontist?

み合わせ・審美・インプラント治療のスペシャリスト

Specialist for Esthetics and Implantology

米国の歯科は日本の歯科と異なり、一般歯科医とそれぞれの分野の(補綴、小児、矯正、口腔外科、歯周、歯内、口腔顔面疼痛等)専門医がいます。この専門医になるには歯科大学卒業後、歯科大学院専門医課程(Postgraduate Program)を2年以上かけて卒業する必要があります。

 

入学を許可されるには、筆記試験、面接、外国人の場合は英語の試験(TOEFL)をクリアしなければならず、いずれの科も倍率10倍以上の非常に狭き門となっています。

補綴科レジデントは、歯科大学卒業後、3年の大学院の期間、補綴学に関わる臨床とレクチャー、そして歯学部生への教育を通じ、専門医になるための臨床トレーニングを集中的に受けます。

 

この大学院課程(レジデンシープログラム)を卒業すると補綴専門医となり、他科の治療は行なわず、自身の専門分野でのみ治療や研究、教育を行うことになります。

補綴治療とは?

What is Prosthodontics?

補綴学とは、歯の被せもの、咬み合わせの治療をさします。大まかに言えば、失われた欠損部への治療方法によって、総義歯、部分床義歯、クラウン・ブリッジ、インプラント補綴の4つということになりますが、最大の目的は咬み合わせを回復し、その歯を長らく審美的に機能させ、保存することにあります。

補綴専門医の役割

Prosthodontist's mission

 

一般的にアメリカでの補綴専門医は、GP(一般歯科医)がカバーしきれない難度の高い治療(大がかりなインプラント・咬み合わせの高さの変更等)を行います。またそういったケースの一般歯科開業医からの紹介、患者さん自身からのセカンドオピニオンの依頼等を受けることも役割の一つです。