大人の矯正治療・子どもの予防矯正
歯並びをきれいにする方法 (歯列矯正、補綴矯正、セラミック矯正)

マウスピース型矯正装置「インビザライン 」なら私たちにお任せください

インビザライン矯正とは、どのような治療ですか?

「インビザライン・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明で目立ちにくく、取り外し可能な矯正装置として、2017年12月現在、世界80ヶ国以上の国々で使用されています。そしてこれまでに全世界で500万人を超える患者様が治療を受けられ、世界一の治療実績を誇るマウスピース矯正です。

 

透明素材のマウスピースで目立たず、そして取り外しができる矯正治療です。「歯並びは治したいけど、矯正治療は痛いし、目立つし、面倒だから。。」と治療をためらっている方でも、マウスピース型の「インビザライン」なら安心して治療が受けられます。インビザラインなら、豊富な治療経験と実績をもつシード歯科・矯正歯科 東京にご相談ください。

スクリーンショット 2021-08-01 12.14.42.png

インビザライン矯正のメリットは何ですか?

  • インビザラインのマウスピースは透明なので装着していても目立たない

  • 矯正治療中でも、口元を気にせず歯を見せて笑うことができる

  • 営業職や接客業など人前に出る機会の多い方にオススメ

  • 簡単に取り外せるので、矯正前と同じように食事を楽しむことができる

  • 歯磨きも今までと同じように行うことができる

  • マウスピースは丸ごと洗浄できるので、いつでも清潔に保てる

  • 金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方にも安心

home-800x450.jpg
スクリーンショット 2018-10-12 16.03.57.png
インビザライン矯正で注意することはありますか?

マウスピース矯正で失敗する一番の理由は、装着時間を守らないことによるものです。装着時間を守る自己管理ができないと、矯正装置を外すことができることが最大のメリットであるマウスピース矯正は治療が進みません。特に、ご本人が積極的に矯正治療に取り組む姿勢がない場合には、インビザライン矯正はお勧めできる治療方法ではありません、ご両親に言われて仕方が無く矯正治療をしているお子様にこの失敗が起こりやすいです。

最近、増加している失敗例としては、インビザライン矯正では治療が難しい症例を、経験の浅いドクターや矯正専門医でないドクターやが、無理にインビザラインで治療したことによるものです。ワイヤーを用いた矯正も、インビザラインも、それぞれ得意・不得意があります。インビザライン・ドクターによる正確な診断と適切な治療計画が特に重要で、従来のワイヤー矯正とは異なる特別な知識と技術が必要です。インビザライン矯正ならどの歯科クリニックで治療を受けても同じだと思われがちですが、ドクターによって治療の効果は大きく異なりますので、インビザライン矯正で失敗しないために医院選びはとても大切です。

 

シード歯科・矯正歯科では、歯科医療先進国アメリカで行われている矯正治療を受けることができます。

スクリーンショット 2021-08-01 12.11.17.png

お子さんの歯並びが気になる方へ

  • 受け口かもしれない

  • 普段から口をポカンと開けている

  • 歯並びがガタガタ

  • 出っ歯が気になる

こうした症状が気になる方は、一度無料相談をおすすめします。

​子供の場合は、4歳から9歳までの対応次第で簡単な矯正治療のみで大丈夫なケースもあります。

子供の矯正歯科治療の目的は、きれいな歯ならびを作るための土台作りです。

 

アゴの成長発育をある程度コントロールできるのは、こどもの時期だけ。この時期に適切な治療を行うことにより、アゴの成長発育をコントロールでき、不正咬合を防ぐことができます。

 

一般的には7歳から8歳、上下の前歯が4本ずつ生え変わった頃が矯正歯科治療の開始時期です。

 

しかし、悪い歯並びには、受け口や出っ歯、ガタガタ等様々なものがあり、その原因もお子様によって異なります。成長期だからこそできることがあるのは事実ですが、その子にとって最適な時期に最適な治療を行うことが重要です。

 

当院では初回カウンセリングを実施しており、検査前にお子様の歯並びや顔つきを見せていただき、親御様の希望も伺いながら矯正歯科治療の必要性や最適な時期についてお話しさせていただきます。

 

大切なのは、「まずは早めに一度相談すること」です。