スクリーンショット 2021-08-01 12.11.51.png

生涯を通じて自分の歯が健康であるために、必要な予防メンテナンス

「どうすれば自分の歯を自分で守れるのでしょうか?」

 

―虫歯・歯周病予防とメンテナンスの重要性―

 

患者様に合わせた2段階の「虫歯・歯周病予防とメンテナンス」指導

 

当院の「予防とメンテナンス」のプログラムは2段階に分けて指導いたします。

 

第1段階「虫歯・歯周病予防の初期治療」(Initial treatment)

当院に、はじめて来院され精密検査・精密診断の受診後、口腔内(口の中)の現状をご理解いただいき、それらを除去する歯磨き指導や、歯ブラシを含むお掃除グッズの正しい使用方法、そしてクリーニングまで時間をかけて指導を行います。

 

第2段階「メンテナンス」

治療完了後の新しい歯や口腔内を手に入れたタイミングで、新しい環境に合ったメインテナンス方法の指導を行います。

また、定期的なメンテナンスでは、日々のホームケアが的確に出来ているかを確認し、患者様おひとりおひとりに合わせた指導を行っています。

スクリーンショット 2021-06-23 7.30.14.png
スクリーンショット 2021-06-15 18.46.49.png

バイオフィルムとは?

日常で見かけるバイオフィルムは、掃除をさぼっているところにできた風呂場のタイルのヌルヌルや水を換えていない花瓶内部など、ありとあらゆるところに見られ、細菌が菌体外多糖という物を作って蓄積した非常に取りにくい細菌の固まりです。

口腔内におけるバイオフィルムは、歯の表面に溜まるプラークのことです。バイオフィルムは隙間が狭いため、消毒剤や抗菌剤、または、唾液の抗菌物質や白血球等が内部に入っていけず、なかなか簡単には除去できないのです。このプラークが固まったものが歯石です。バイオフィルムや歯石は、細菌にとって非常に生息しやすい温床や培地になるのです。

保険診療と自由診療の予防・メンテナンスの違いは?

Ans.→保険診療の P M T C(研磨剤で歯表面を傷つけてしまう)は、どうしてダメか?

新たな傷を作り、そこにプラークが沈着しやすくなり、虫歯・歯周病に罹患しやすくなってしまうからです。

  VS  自由診療の P M T C

バイオフィルムの除去と再石灰化作用と歯表面の修復の促進

スクリーンショット 2021-06-23 7.36.12.png

エアフローとは

エアフローとは、最新の歯面を清掃機器。グリシンという特殊な超微小パウダーを混ぜた水・高圧エアーのスプレー洗浄で、細菌のかたまりである「バイオフィルム」や歯の表面にこびりついた「頑固な歯垢」や「着色・タバコのヤニ」を吹き飛ばし清掃する器具です。

これまでの器具では完全に落とせなかったバイオフィルムを完全に落とすことができます。また歯や歯ぐきにほとんどダメージを与えずに汚れや着色を除去することができ、使用後は歯の表面がツルツルになるため、バイオフィルムやプラークなどの汚れの再付着も防いでくれます。

  • タバコのヤニや着色が気になっている方

  • 歯のくすみをきれいにしたい方

  • ホワイトニングの効果を持続、高めたい方

  • インビザライン 、矯正治療中の方

  • 詰め物、被せ物、インプラントなどが入っている方

  • 歯ぐきを健康に保ちたい方

スクリーンショット 2021-06-23 7.39.30.png
スクリーンショット 2021-06-23 7.39.39.png

*エアーフローのメリット

  • 歯に優しい:チップの先が直接触れないので、歯の表面が傷つきません。

  • より一層キレイになる:バイオフィルムを除去出来て、タバコのヤニや着色を取り除くことができます。

  • 歯のくすみが取れる

  • ​歯の表面がツルツルの状態が持続:プラークや歯石、ステインなどの着色の再付着をふせぐことが出来ます。

*エアーフローのデメリット、リスク

  • 知覚過敏の方は、まれに刺激を感じ、歯が処置後しみることがあります。

  • 元々の歯の色よりは白くなりません。

  • 虫歯は歯周病の方はエアーフローができない場合があります。

  • 不適合な詰め物や被せ物やエアーフロー時に取れてしまうことがあります。

スクリーンショット 2021-06-23 7.44.48.png
スクリーンショット 2021-06-23 7.44.57.png

PMTC ​とは

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医院で専用の機械とナノハイドロキシアパタイトのペーストを使い、歯の表面の汚れ(プラーク)を徹底的に除去する方法です。PMTCによって歯本来の色よりも白くなることはありませんが、もともと歯が汚れていたような人の場合にはかなり色が白くなる場合があります。

【メリット】

  • 歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎など歯周疾患の予防や改善。

  • 虫歯菌によって作られたバイオフィルムを破壊することにより虫歯を予防。

  • 歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ。

  • 歯質の保護と強化

【デメリット】

  • 通常のクリーニングではなく自由診療となります。

  • ​永久に効果が持続するものではありません

PMTCの流れ

  1. プラークの染め出し

  2. ​エアーフロー

  3. 次亜塩素酸塗布

  4. PMTCペーストの塗布

  5. 隣接面のPMTC

  6. 頬舌側面・咬合面のPMTC

  7. 歯面と歯周ポケット内の洗浄

  8. ​フッ化物の塗布

  9. 仕上がりのチェック

スクリーンショット 2021-06-23 7.55.11.png
スクリーンショット 2021-06-15 18.46.49.png
スクリーンショット 2021-06-15 21.04.14.png
スクリーンショット 2021-06-15 21.04.23.png
スクリーンショット 2021-06-15 21.04.31.png
スクリーンショット 2021-07-21 14.53.33.png

健康保険によるクリーニングとの違い

  • 保険適用の歯のクリーニング(歯石除去)では、超音波スケーラーやハンドスケーラーと呼ばれる器具を使って、歯石や歯垢を中心に除去します。 また保険で使用するペーストは歯の表面の研磨、磨く効果しかありません。

  • エアフローでは、専用のパウダーとジェット水流の力でバイオフィルムという歯の表面に付着した「細菌の塊」を除去する効果があります。また茶渋やタバコのヤニによる着色汚れなどの“細かな汚れ”を落とすことが出来ます。

  • また、エアーフローは、超音波スケーラーが届かない歯と歯の間や矯正装置の隙間などでも、エアフローであれば効果的にバイオフィルムの除去が可能がです。

このように、エアーフローは、予防目的や審美目的に使われます。

​詳しくは、当院スタッフにお問い合わせください。